モンゴル旅行、モンゴルツアーならたびびとのたまご。スタッフ自らが訪問し、現地の最新情報と
豊富な経験・リサーチを重ねた上でモンゴル旅行、モンゴルツアーの企画・手配を行っております。
HOME > モンゴル旅行、モンゴルツアーはたびびとのたまご > たびびとのたまごができるまで!

たびびとのたまごができるまで!
【たびびとのたまご(新しいツアー)】ができるまで!

旅のデモンストレーター・ゴイモンがリポート!
【たびびとのたまご(ツアー)】ができるまでをお知らせします!!

たまご1. 新たなるたまごのはじまり(新しいツアーの企画)

【たびびとのたまご】では過去の実績、経験を踏まえ、
長年の現地との太いパイプを軸として、新鮮なたまご
(ツアー)製作しています。

さらに新しいたまご(ツアー)をお客様へご紹介・お伝え
していくために、企画を練り上げ、現地の最新情報を
取り入れて企画をしています。

新しいたまご(ツアー)をつくり始めます。
まずは情報集め。
新しいたまご(ツアー)素材(ツアー内容)について、
いろいろな事柄を直接現地とメールや電話でなどで、連携連絡をとり、情報を集め、内容を詰めていきます。
現地の詳細な気候やツアー・観光ポイント、食事の内容、宿泊施設、レジャーやアクティビティなど多くの項目の素材を煮詰めていきます。

ある程度、素材(ツアー内容)をまとめ上げたところで、社内で話し合いを持ち、新しいたまご(ツアー)を企画するかどうかの検討をします。
もちろんこのときリピーターの皆様からのお声も新しいたまご(ツアー)に反映させていきます。
そして、その企画を進めることが決まると、必要に応じ、その都度、現地へ赴き、実体験視察を行います。

素材(ツアー内容)を集める → 現地と情報交換・情報を煮詰める
→ 企画をする → 企画決定を受けて、現地へ赴く

たまご2. 確かな素材(ツアー内容)をもとめて現地へ(新しいツアーを視察)

新しいたまご(ツアー)をつくる上で、素材(ツアー内容)を実際に確かめる。
これはとても重要なポイントとなります。

実際に現地へ赴き、素材(ツアー内容)を見て、確かめ、実際に体験すること。百聞は一見に如かず!です。
現地の会社スタッフと現場へ足を運び、実際の体験と話し合いをくりかえし、お客様へお勧めすることができるのか、新しいたまご(ツアー)として成立するのかどうか、リピーターの皆さまのお声を反映できるかどうか、などを現地でじっくり実際に体験し、検討します。
また、郷に入れば郷に従えという言葉があるように、“その土地のことはそこにいる人に聞く!”という【たびびとのたまご】のモットーを実践することも専門店としてかかせないことです。

同じ国や地域でも、物事に対する考え方やタブー、慣習などに違いがあります。
現地の文化や習慣をこちらの要求で曲げるのではなく、きちんと取り入れつつ、どのようにお客様へサービスができるかを考えることが、重要となってきます。 現地の思いや文化や習慣など、これらを正しく理解し、踏まえ、よりよい素材(ツアー内容)となるようにしていきます。

そして、お客様に安心安全な旅行をお楽しみ頂くこと!というツアーづくりの基本中の基本である安心と安全の確認と確保。なにかあればいつでも連絡が取れる体制をとること。これも必要不可欠となります。
安心して任せられる状況にあるかどうか確認することも、またそれを確立することも、重要なこととなります。

これらの事柄を確実にするために、滞在中は毎日、現地の会社とだけではなく、訪れたり、滞在したりする場所の地域・現場のスタッフ、ホームスティ先など、いろいろな人々との打ち合わせとなります。
時に通訳なしに直接、言葉を交わし、会話をします。
各スタッフと直接コミュニケーションをとることはとても重要です。
そのことにより、よりよい情報や素材(ツアー内容)を得ることができたりするからです。
話し合いの中で生まれた良い案などは採用し、意見も取り入れ、ツアーに組み込むことになります。

人と人。国や地域、いろいろなことが違っても、人は信頼関係の上に成り立つものと考えます。
直接のコミュニケーションはやはり欠かせません。
現地に直接赴き、確認し、体験し、直接話を詰めることによって、よりよい素材(ツアー内容)を得ることができます。

現地にて素材(ツアー内容)の実体験を行う → 現地各スタッフとの話し合い
→ 各素材(ツアー内容)の確認・厳選 → 素材(ツアー内容)を持ち帰る


さて、素材の確認に 出発!! このお寺は今も信仰が篤いんだなー


初めてうまに乗るお客さんでも大丈夫?
大丈夫!しっかりサポートするから心配しないでね!
実際の体験をすることは とても重要です!


食事がこれだけおいしければ
お客さんもきっと喜んでくれると思うな!
おいしい料理、ありがとうございました。
今後も期待しています!


泊まる場所の確認! 宿泊のベッドも寝心地が良く、これなら
安心してお客さんが泊まれるな!


モンゴルは寒暖の差が激しいけれど、ストーブがあるから
平気という地域スタッフの情報を耳にした!
本当かな?ためしてみよう!
また新たな素材を探しに新たな地へ!!
何時間かかるかな??


 
新しい素材のある場所へ無事到着!  


たまご3. 新しいたまご(ツアー)最終チェック!~製作へ

素材(ツアー内容)を現地でしっかりまとめ、残さず、
日本へ持ち帰ります。
出発前に検討を重ね、素材(ツアー内容)を求めて
現地へ行き、実体験と話し合いを重ね、素材(ツアー内容)を持ち帰ってきています。
でも、持ち帰った素材(ツアー内容)がすべて、
新しいたまご(ツアー)になるとは限りません。

帰国後の社内プレゼンは欠かせません。

新しいたまご(ツアー)の厳選をし、製作するかどうか
採用するかどうかの重要な会議が開かることになります。
持ち帰った素材(ツアー内容)の中から、さらに厳選に厳選をかさね、お客様にお届けする新しいたまご(ツアー)を決定していく作業があります。

ここで再度会議です。
 ・お客様にとって何が良いツアーなのか?
 ・素材(ツアー内容)
は何が求められているか?
 ・楽しんでいただけるか?
 ・安心、安全面はどうか?
 ・食事は?
 ・体験の内容は?
 ・連絡網はどうか?
など、出発前には最終確認できなかった点などを含め、実際に体験したことと
、現地スタッフからの意見や現地最新情報を踏まえ、きめ細かく検討し、練っていきます。
もちろんリピーターの方のお声も再度検討します。徹底的な最終ブレーンストーミングや
再度のペルソナなどを行い、議論を重ねます。
そして、厳しい条件にクリアーできたものが新しいたまご(ツアー)となっていくのです。

持ち帰った素材(ツアー内容)の厳選 → 社内プレゼン → 最終打ち合わせ・会議
→ 最終ブレスト → 新しいたまご(ツアー)の決定・製作へ

たまご4. 新しいたまご(ツアー)製作開始~完成までもう一息!

今回のたまごはこのタイトルがふさわしい!

いよいよ素材(ツアー内容)がまとまると、新しいたまご
(ツアー)
の名前やキャッチフレーズを話し合います。

素材(ツアー内容)に添ったものとなるよう最終仕上げにはいります。

それらが決定すると、パンフレットやホームページの作成となります。
そして、メールマガジンでのお知らせとなるのです。


新しいたまご(ツアー)の名前・キャッチフレーズなどの話し合い
→ パンフレット・ホームページ製作 → メールマガジンでの発表

たまご5. 新しいたまご(ツアー)誕生!

発表です!

【たびびとのたまご】の商品は、以上のような
状況を経て、やっと完成・誕生します。

そして、新しいたまご(ツアー)としてお客様へ
お届させて頂いております。


たくさんのまごころを込めて、新しいたまご(ツアー)の誕生!


 

  1. 夏のモンゴル旅行
  2. 冬のモンゴル旅行
  3. モンゴルを知ろう
  4. モンゴルを知ろう!
  5. モンゴル旅行説明会・相談室
  6. モンゴルの地図
  7. トラベルインフォメーション
  8. モンゴル旅シーズン
  9. 各地域情報
  10. ミニモンゴル情報
    (草原のたまご)
  11. ミニモンゴル情報
    (雪原のたまご)
  12. モンゴル・アクティビティ
       ~夏のモンゴル編~
  13. モンゴル・アクティビティ
       ~冬のモンゴル編~
  14. どんな旅をしたいですか?
       ~夏のモンゴル編~
  15. どんな旅をしたいですか?
       ~冬のモンゴル編~
  16. モンゴル伝統料理
  17. モンゴル旅行へ出発しよう!
  18. モンゴル旅行について
  19. たまごモデルぷらんとは
  20. ご参加者様からのおたより
  21. たびびとのたまご写真館
    =皆さまからの写真=
  22. よくあるご質問
  23. たびびとの待合室
  24. お申込からご出発まで
  25. お申込からご出発まで
  26. ビザ(査証)について
  27. フライトスケジュール
  28. 利用宿泊施設一覧
  29. 持って行くと便利なものと服装
  30. モンゴルでのインターネット接続
  31. ゴイモン旅の応援団
  32. 各種割引
  33. 感謝★収穫祭★
  34. 2017 夏季フォトモニター
  35. ひとり旅応援団2017
  36. 特別ぷれぜんと2017
  37. ハタクぷれぜんと 2017
  38. ファミリーパック 2017
  39. お祝いサプライズパック2017
  40. 釣りの応援団 2017
  41. MIATモンゴル航空 航空券料金表
  42. 大韓航空をご利用の場合 =夏編=
  43. 大韓航空をご利用の場合 =冬編=
  44. ツアーぷらん中のお食事の一例
  45. 2017-2018 冬季フォトモニター
  46. 冬季ひとり旅もサポート!
    2017~2018
  47. 楽しさ倍増!私達のこだわり
  48. たびびとのたまご ここが職人
  49. 現地スタッフご紹介!
  50. 専門店だからできる
    充実内容&安い!のひみつ
  51. ツーリストキャンプ・ツーリストゲル
  52. たびびとのたまごのこだわり
  53. 乗馬ライディングのこだわり
  54. テント泊乗馬ライディングのこだわり
  55. モンゴル絵本 =乗馬の基本編=
  56. SBAR草原乗馬クラブ
  57. 遊牧民ゲルホームステイのこだわり
  58. 釣り!フィッシングのこだわり
  59. 花と草ハーブ はちみつとジャム
  60. お花とハイキングの
    ツーリストキャンプ地
  61. たびびとのたまごができるまで!
  62. 乗馬! さらにこだわりのポイント!
  63. 乗馬ライディングのこだわり
  64. ■ より安全に より快適に
  65. ■ より楽しく より安全に
  66. ■ ご出発の前の準備
  67. ■ 準備&服装
  68. ■ 乗馬ライディングの時間割り
  69. ■ モンゴル馬のこと
  70. ■ モンゴル馬を知ろう
  71. ■ 乗馬ツーリストキャンプ地
  72. ■ 乗馬ツアープラン早見表
  73. ■ 乗馬ライディング ランクわけ
  74. ■ 乗馬ライディング ツーリスト
      キャンプ地の食事のこだわり
  75. ■ モリンドキャンプスタッフ紹介
  76. ■ 日本スタッフも 乗馬もOK!
  77. 冬の乗馬ライディングのこだわり
  78. ■ 冬の乗馬ライディングのこだわり
  79. ■ 冬の乗馬ツーリストキャンプ地
  80. ■ 冬の乗馬ライディングでも
      夏と同じこだわりで
  81. ■ 冬の乗馬ライディング時間割り
  82. ■ 冬の民族衣装デール 無料貸出
  83. 各地域のポイントをご紹介!
  84. 【ウランバートル】-赤い英雄
  85. 【ウランバートル】- 市内観光訪問箇所
  86. 【南ゴビ】-星空の元で過ごす時間
  87. 【カラコルム】-世界遺産
  88. 【テレルジ】-テレルジ国立公園
  89. 【ザミンウデ】-大陸銀河鉄道
  90. 【東ゴビ シャインシャンド】
  91. 【ホスタイ】-野生馬 国立公園
  92. 【ツェツェルレグ】-草原露天温泉
  93. 【フブスグル湖】-青い宝石
  94. 【バヤンウルギー】-鷲匠の勇壮美
  95. 【バルンハラー】-伝統的遊牧生活
  96. 【バヤンウンジュール】- 野生
     ヤギ・野生ヒツジの棲む大自然
  97. 【13世紀村】-当時の生活を再現
  98. 【遊牧民ゲル ホームスティ】
  99. 【パワースポット】
  100. 【フラワーウオッチング】
  101. 【ナーダム祭】
  102. 【ツアータン】
  103. 【チンギスハーン】誕生ゆかりの地
  104. たびびとのたまご広場
  105. モンゴル紹介ブログ
    『モンゴルしてますか?』
  106. モンゴル現地情報ブログ
    『モリンドNOMADO(の窓)』
  107. ゴイモン モンゴルを旅する
    =モンゴルツアー風景=
  108. じんごろうのたびサポート=夏編=
  109. ゴイモン たびのとちゅう
    >> フブスグル湖 編
  110. >> フィッシング 編
  111. >> 乗馬 編
  112. >> 冬のモンゴル乗馬体験 編
  113. お役立ちエピソード集
  114. 写真を撮るときのポイント
  115. モンゴルで星の写真を撮ろう!
  116. 星空を撮りたい方へ
    2016年新月のお知らせ
  117. 流れ星と大草原の大空で
  118. たびびとのたまご アンケート
  119. モンゴル国内 イベント情報
  120. ゴイモン・旅のご案内係り
    応援団プロフィール
  121. モンゴル伝統料理のレシピ
  122. じんごろうのボウズ作りレシピ
  123. モンゴルの遊び文化【シャガイ】
  124. ご参加者さまで 現地に写真を
    送られたい方へ
  125. ビジネスサポートぷらん